───音楽用語集───


1.音符とそれに関する記号(順不同)

記号 読 み 方 意          味
ト音記号 高音部の音階を楽譜に表現するために用いられる記号。渦の中心が「ト」音に当たり、基準音となる。ヴァイオリン記号とも呼ばれる。
ヘ音記号 低音部の音階を楽譜に表現するために用いられる記号。右側の2つの点の間が「ヘ」音に当たり、基準音となる。バス記号とも呼ばれる。
ハ音記号 中音部の音階を楽譜に表現するために用いられる記号。対称線の位置が「ハ」音に当たり、基準音となる。ヴィオラやチェロ、声楽などの楽譜に用いられる。
この音部記号は基準音(対称線)の位置が、第一線(五線譜の最も下の線)の場合は「ソプラノ記号」、第二線の場合は「メゾソプラノ記号」、第三線の場合(通常位置)は「アルト記号」、第四線の場合は「テノール記号」とも呼ばれる。
全音符 4分音符の4倍に当たる長さの音を表現する音符。(4拍分に相当)
2分音符 4分音符の2倍に当たる長さの音を表現する音符。(2拍分に相当)
4分音符 ここの説明での基準となる長さの音。便宜上、この音の長さを1拍とする。
8分音符 4分音符の1/2倍に当たる長さの音を表現する音符。(1/2拍分に相当)
16分音符 4分音符の1/4倍に当たる長さの音を表現する音符。(1/4拍分に相当)
32分音符 4分音符の1/8倍に当たる長さの音を表現する音符。(1/8拍分に相当)
全休符 4分音符の4倍に当たる長さの休み(無音)を表現する休符。(4拍分に相当) 1小節全部を休みとする用法もある。
2分休符 4分音符の2倍に当たる長さの休み(無音)を表現する休符。(2拍分に相当)
4分休符 4分音符と同じ長さの休み(無音)を表現する休符。(1拍分に相当)
8分休符 4分音符の1/2倍に当たる長さの休み(無音)を表現する休符。(1/2拍分に相当)
16分休符 4分音符の1/4倍に当たる長さの休み(無音)を表現する休符。(1/4拍分に相当)
32分休符 4分音符の1/8倍に当たる長さの休み(無音)を表現する休符。(1/8拍分に相当)
付点 付点がつく音(休)符の1/2の長さを加える。(=その音(休)符の長さを1.5倍する)
(例)付点4分音符=4分音符+8分音符
複付点 複付点がつく音(休)符の3/4の長さを加える。(=その音(休)符の長さを1.75倍する)
(例)複付点4分音符=4分音符+8分音符+16分音符
n n連符 もとの音の長さを n分割する(nは1を除く自然数)。 (例)3連符、5連符など
シャープ その音を半音上げる。
フラット その音を半音下げる。
ナチュラル 半音上がっている(下がっている)音を元に戻す。
ダブルシャープ 半音上がっている音をさらに半音上げる。(=半音上がる前の音を全音上げる)
ダブルフラット 半音下がっている音をさらに半音下げる。(=半音下がる前の音を全音下げる)
8va オクターブ記号 この文字を含む破線の範囲内を、五線譜の上にある場合は1オクターブ上げて、下にある場合は1オクターブ下げて演奏する。
アラ・ブレーベ
(alla breve)
2分の2拍子の省略形。
─── 4分の4拍子の省略形。

1.音符とそれに関する記号
2.強弱に関する記号・標語
3.奏法に関する記号・標語−その1
4.奏法に関する標語−その2
5.速度に関する標語
6.曲想に関する標語
7.付加語